Link to The Future






AIgatha TrackICO rating AIgatha (ATH) FindICO rating AIgatha ICOCube rating

「 AIgatha 」
誰でも楽々使えるAIプラットフォーム

生活を数値化:人工知能で日常生活の中で起きるさまざまな問題や心配ごと、悩みごとをサクサク解消できる。

データの保存:デジタルデータを活用して、製品の開発や製造などに必要な技術・知識(ノウハウ)を伝承する。

プロジェクトを提案:たくさんの時間と費用がかからずに結果を正確に予測できる。機密情報漏洩の不安も解消できる。

Technology

3つのコア技術

AIgatha チームは長年にわたって分散コンピューティングと人工知能技術の開発と応用に専念しており、研究成果の大半数は学術研究に使われていた。AIgathaは長年培ってきた技術力をブロックチェーンの分野までに拡張し、個人の方に向けたサービスを提供する。誰でも自力で研究し、開発し、アイデアを実現することができる世界を作りたい。人々の生活の質を向上させ、人類文明の進歩を促進する助力になりたい。

11
22
33

ブロックチェーン

AIgatha はプロジェクト計算ブロックチェーンを構築する。このシステムのトランザクションは暗号通貨の所有権移転と取引の情報の代わりに、計算したいデータ情報を使用する。ブロックチェーンの特性で、情報の流れを確実に把握できる。アップロードしたデータの機密性とセキュリティも確保できる。マイナーはブロックチェーンを維持しながら、プロジェクトのコンピューティングをすることで、マイニングに付加価値を与える。

Structure

ネットワークアーキテクチャ

AIgatha ネットワークアーキテクチャには、ユーザー、マイナー、およびクロノス要塞(Chronos Fortress)が含まれている。AIgathaは3つの並列構造で構成される。一つ目はユーザとマイナーより構成されたアプリケーション層で、二つ目はクロノス要塞より構成されたサービス層で、三つ目はブロックチェーンの記録層だ。

ユーザーとマイナーは隣接するクロノス要塞でブロックチェーンにアクセスする。トランザクションといえば、一般では暗号通貨の所有権移転と取引のことを指すが、 AIgathaでは暗号通貨の所有権移転と取引の情報の代わりに、計算したいデータ情報を使用する。

ユーザーがクロノス要塞にプロジェクトをアップロードすると、クロノス要塞はすべての情報(プロジェクト番号、タスク番号、プロジェクトのクライアント情報、プロジェクトの説明、プロジェクトのファイルサイズ、アップロード日付)を記録する。プロジェクトが数個タスクに分割されて、マイナーに分配される。タスクの行き先などの詳細情報もブロックチェーンに記載される。ユーザーとマイナーたちの行動はすべてブロックチェーンに記録されたのため、どのタスクがどのマイナーによって計算されたのか誰でも簡単に把握できる。

Planning

4つの発展段階

AIgatha はブロックチェーン、分散処理プラットフォーム、AIサービスプラットフォームと特定分野の予測システムの開発を4つの段階に分ける。以下、各段階の達成目標とシステムの仕組みについて説明する。

1

Luca

2

Pangu

3

Iching

4

Xirang

変換メカニズム

  1. ユーザーはAIgathaトークンを購入して、分散コンピューティングサービスやビッグデータ分析サービスの料金を支払う。
  2. プロジェクト計算に計算資源を提供して、作業証明(Proof of Work)を取得する。コントラクトより作業証明を AIgatha トークンに変換できる。

分散コンピューティングプラットフォーム

  1. ユーザーフレンドリーなAPIアルゴリズムにより、分散処理システムの開発コストを低減する。
  2. マイナーたちの計算資源をまとめることで、他の設備やハードウェアを購入する必要がなくなった。
  3. マイナーたちに利益をあたえることで、ブロックチェーンエコシステムを構築できる。
  4. ブロックチェーンの計算資源をビッグデータの分析に使用することで、より多くの価値を創造できる。

ビッグデータ予測プラットフォーム

データを集めて、サーバーにアップロードするだけで重要パラメータを検出して、予測結果を算出できる。人工知能アルゴリズムの開発や販売することもできる。ユーザーは多種多様のアルゴリズムを利用できる。

マルチサービス

  1. 特定分野の予測プラットフォームを実装する。効率的に問題を解決できる。
  2. ブロックチェーンの特性で大量のデータを保存して、データソースの信頼性を高める。
  3. ユーザーフレンドリーなグラフィカルユーザインタフェースを提供する。
  4. 個人や中小企業や科学研究ユニットを負担を軽減する。

プロジェクトのデータを隣接するノードにアップロードする。

プロジェクトをタスクに分割する。

タスクをタスクプールに入れる。

タスクプールのタスクはマイナーに浚渫される。

マイナーはタスク計算する。

礦マイナーが計算結果をノードに返す

サーバーによってタスクを検証する。

プロジェクトの計算結果をユーザーに返す。

Cooperation

協力会社

Ico Web

ICO パートナー

プラットフォーム

ICO 新聞

新聞

オンライン新聞

Questions

よくあるご質問(FAQ)